白猫のメモ帳

JavaとかJavaScriptとかHTMLとか機械学習とか。

62分の1のサラダ記念日

こんばんは。

熱い日が続きますね。
早くも夏バテしそうです。

さて、今日は7月6日。
みんな大好きサラダ記念日です。

意外と多い?

「この味がいいね」と君が言ったから七月六日はサラダ記念日

うんうん。
でもこれ別に七月六日じゃなくてもはまりそうだよねとか無粋なことを言ってみたりします。

三文字の月は

・にがつ
・しがつ
・ごがつ
・くがつ

の4つ。

四文字の月は

・いちがつ
・さんがつ
・ろくがつ
・しちがつ
・はちがつ
・じゅうがつ

の6つです。

で、

三文字の日は

・ふつか
・みっか
・よっか
・いつか
・むいか
・なのか
・ようか
・とおか
・はつか

の9つ。

四文字の日は

・ついたち
・ここのか

の2つです。

ということは4×2+6×9=62
62分の1の確率を見事に獲得したのが七月六日というわけです。

※「ゅ」は数えなくて「っ」を数えてるのは完全な主観です。

いやむしろ

しかし、よく考えてみると君が言ってくれる日は調整できません。
ということはむしろ、うまくはまる日でなければ歌自体が誕生しなかった可能性もあります。

365分の62、その確率は約17%。
おぉ、案外シビアな確率だったのですね。

いやいやでもでも

三月三日はひなまつり。
七月七日は七夕です。

そう考えるとほかの行事の日とかとかぶっている場合には、
サラダ記念日にはならなかったかもしれません。

衝撃の事実

ここまで書いていて気付いたのですが、

七月六日

最初から字余りしてる…。
ここまでの考察はいったいなんだったんだろう。(最初から意味わからないけど)

ところで

下の句の話しかしていないので、上の句に合う記念日がないか探してみると、

十二月二十五日はクリスマス

おぉ、ぴったし!

合わせると、

十二月二十五日はクリスマス七月六日はサラダ記念日

うん…そうだねって感じです。

そもそもフィクション

あったことをそのままでは短歌にはならないということで、実際は鳥のから揚げをいつもと違う味付けにしたら『美味しい』と言われたので、『これで今日は記念日だな』と思ったのがきっかけであったということと、爽やかな感じを出すためにメインではなくサイドのものが記念日になるということが表現したかったことや、サラダのSや7月のSが響き合うことや、7月7日では七夕であるので1日前にずらしたことを自身が語っている。

おあとがよろしいようで。